歴史

鋳造の歴史は古く紀元前と言われ、砂型に銅を流し込んで農具や武具を作ったことから始まります。
こうして大量に生産される鉄器を持ち、人類は世界中に進出していきました。
この製法は”砂型鋳造法”と呼ばれ現在でも行われています。


鋳造・ダイカストの歴史

BC4000年 メソポタニアにおいて鋳造で銅器を作る
BC200年 中国大陸から鋳造法が伝来
749年 奈良東大寺大仏を鋳造で作る
1450年 グーテンベルク活版印刷機を発明
1838年 ブルースがダイカスト法を発明
活字版を鋳造する
1905年 アメリカのH・ドーラーが商業ダイカストの生産を始める
1917年 日本初のダイカスト企業が誕生
1922年 初の国産ダイカストマシンが完成
1926年 【当社】東京都新宿区にて鋳物業を創業
1930年 自動車産業の発展と共に生産が飛躍的に増大
1940年 【当社】 ダイカスト業を始める
1945年 【当社】戦災により工場焼失。岐阜県多治見市にて再興
1952年 油圧式ダイカストマシンが国内に輸入される
1953年 高純度亜鉛を日本で初めて開発
1955年 日本ダイカスト協会設立
1961年 【当社】ダイキャスト東和産業株式会社に改組
1984年 日本のダイカスト生産量50万トン突破
1988年 コンピュータ制御マシンの導入本格化
2002年 日本のダイカスト生産量80万トン突破
2006年 日本のダイカスト生産量100万トン突破