社長挨拶

社長


ダイカスト製品は今日、世界を支える資材としてますます多様な分野で使われています。
さまざまな産業と暮らしを支え、時代の推進力ともなっております。
自動車産業におきましては、エンジン及びオートマチックトランスミッション等の中枢部分を構成する部品として非常に重要な存在となっています。
当社は大正15年に創業以来、このダイカスト分野で時代と技術の最先端を歩んで参りました。そして人も社会も新しい価値を求めはじめた今、常に柔軟な発想と確かな技術で明日への一歩を踏み出しております。
代表取締役 社長 松尾 精介

経営理念

信頼される品質とたゆまぬ技術進歩で社会に貢献する

【人財】
お客様に信頼される品質を作り込む基本は人財にあります。「人財こそかけがえのない最も大切な資産」であり、企業の活力の源泉と考えます。
【技術】
多様な人財が個性やスキルを発揮して活き活きと仕事に取り組み、改革・改善・先進技術にスピーディーに取り組む事によって、喜びと「豊かな生活」の実現を目指します。
【安全環境】
私たちは誠実で自覚のある「良き企業市民」として、全社員が「安全第一」を考え「自然・環境との調和」を目指し地球環境保全に努めます。

 

2019年度 会社方針

安全第一をベースに品質を最重点取組み事項とし、
改善にスピーディー且つ着実に取組み、利益を確保する


【品質】☆最重点取組み事項
新規生産準備・工程変更プロセスからの徹底的な品質の作り込み
直接・間接一体となったスピーディーな不良対策と再発防止の実行
【営業】
顧客要望に応える生産準備の完遂と新分野の開拓
【技術】
設備の自働化と保全能力の強化による品質・生産性の向上
【生産】
直接・間接一体となった工変対応と更新型合格促進
【原価】
在庫のムダ・作り過ぎのムダの徹底排除によるコスト削減
【人財】
老若男女・国籍を問わない人材確保と協調性のある人材の育成
【安全】
交通災害の撲滅と5S活動の活性化
【環境】
省エネ活動の強化と環境コミュニケーションの推進