1830年代にアメリカで開発され、日本では1930年ごろに工業化された鋳造方式「ダイカスト」。
私たちはアルミダイカストにいち早く取組み、70年以上に亘り技術を磨いてきた業界内の草分け的な存在です。
現在も若手からベテランまで社員一丸となり、新工法・新技術の開発に積極的に取り組み、更なる生産性の向上と技術力の向上に努めています。

世界No.1の中小物製品ダイカストメーカーを目指す私たちと一緒に働きませんか?
東和産業では、共に歩んでいただける人財を募集しております!

採用関連情報

随時応募を受け付けております!