【コラム】2020年度 上半期新車販売台数

朝晩の冷え込みがだんだんと厳しくなってくる11月。
風邪やインフルエンザはもちろん、新型コロナウイルス感染症にもより一層気を付けないといけない季節となってきました(・・;)
寒さ対策、手洗いうがいで風邪とインフルエンザとコロナ予防!
既に徹底している方が多いと思いますが、本格的な冬が来る前に対策を強化しましょう( `ー´)ノ

そんなコロナ禍の影響で経済が冷え込み、自動車産業にも大きな影響が出ていました。
2020年度の上半期の新車販売数は202万8540台で、この台数は前年同期のなんとー22.6%だそうです…。
新車販売台数がマイナスとなったのは2016年以来4年ぶりの事。
(因みに、4年前の落ち込みは軽自動車の燃費データの不正問題等が主な原因だそうです。)
恐るべしコロナウイルス…。

これからもマイナスな事が連鎖するのか…!と思いきや、世界的にみると徐々に回復の兆しが見えてきている模様。
特に中国はコロナ禍からの回復が早く新車販売台数がなんと5ヶ月連続で前年比から大幅増を記録しかなり好調です!
経済回復のおかげもあり、ありがたいことに東和も受注が回復してまいりました。
冷え込む冬が来ますが自動車産業は徐々に温まってきている気がしますね(´ー`)

2020年11月06日|ニュースのカテゴリー:コラム