本文へジャンプ


ものづくり貢献サイト『金型ファン」に、松尾社長と冨士原常務のインタビューが掲載されました。
PDF(980KB)
ダイカストとは
ダイカスト(Die Casting)は、特殊鋼で精度の高い金型を作り、その金型をダイカストマシンに取り付け、これに溶融金属(アルミニウム、亜鉛、マグネシウムなど)を高圧で注入し迅速に凝固させ取り出す、高い生産性を持った鋳造方法のひとつです。ダイカスト製品は寸法精度が高く、強度に優れ、外観が美しく機械加工も少なく済むという優れた特長を持っています。

■さまざまな鋳造法
砂 型 鋳 造 古来より行われている鋳造法で、砂で鋳型を作り溶融金属を流し込んで鋳物を製造する方法。
金 型 鋳 造 砂型のかわりに耐久性のある金型に溶融金属を重力で流し込み鋳物を製造する方法。
低 圧 鋳 造 金型に溶融金属を比較的低圧(空気圧など)で圧入して鋳物を製造する方法。
ダ イ カ ス ト 精密な金型に溶融金属を高圧で圧入して、冷却、短時間で高精度で鋳肌の優れた鋳物を大量に生産する方法。

ダイカストは鋳造法の中で最も優れた生産性と寸法精度と美しい鋳肌が特長です。近年、より薄肉で複雑な形状をした製品、高精度鋳造による加工レスという取り組みも行われています。以下にダイカスト鋳造法の特長を紹介します。

  ■生産性
    射出圧入や金型冷却によって、短時間で大量に生産することができます。

  ■寸法精度
    寸法精度が高く完成品に近い形状なので、切削加工が少なく済みます。

  ■薄肉厚と強度
    他の鋳造法よりも薄肉にすることができ、プラスチック製品より強度が強いものができます。

  ■表面処理
    鋳肌が優れているため、表面処理(めっき、塗装)が容易に行うことができます。

  ■金型
    ひとつの金型で何千個、何万個も鋳造を行うことができます。


■鋳造の呼び名
日  本 米  国  式 英  国  式
砂型鋳造 Sand Casting Sand Casting
金型鋳造 Permanent Mold Casting Gravity Die Casting
低圧鋳造 Low Pressure Mold Casting Low Pressure Die Casting
ダイカスト Die Casting Pressure Die Casting

【雑記】
鋳造の歴史は古く紀元前と言われ、砂型に銅を流し込んで農具や武具を作ったことから始まります。こうして大量に生産される鉄器を持ち、人類は世界中に進出していきました。ご先祖様が発明した製法は"砂型鋳造法"と呼ばれ、現在でも行われています。宇宙ステーションを作ってしまう時代。それなのに紀元前の製法がまだ生き続けている・・・鋳造とは奥深いものなんですね。