本文へジャンプ


ものづくり貢献サイト『金型ファン」に、松尾社長と冨士原常務のインタビューが掲載されました。
PDF(980KB)
ダイカスト用語A
■ダイカスト設備
ダイカストマシン 構造は、型締め部、射出部、押出し部からなり、油圧式が一般的。射出部は不活性ガス(窒素)を使用したアキュムレーター装置を用いて、圧縮エネルギーを利用している。
コールドチャンバー
ダイカストマシン
高融合金(アルミニウム)に使用される。ダイカストマシンには金型に溶融金属を供給する装置(給湯機)が備わっている。大型マシンが可能で、大物製品を鋳造することが可能。
ホットチャンバー
ダイカストマシン
低融合金(亜鉛・マグネシウム)に使用される。射出部が保持炉内にあり、常に加熱されている。溶湯が酸素に触れず、また酸素を巻き込まないことや、鋳造サイクルが早いことが特長。
型 締 め 力 金型を締め付けるチカラ。この数値が大きいほど、大きな製品が作れる。型締め力の大きさがダイカストマシンの大きさの規格となっている。
ト グ ル 機 構 機械的倍力機構の一種で、リンク機構を使い型締め力を増大させる働きをする。
プランジャーチップ 射出部の先端部にある溶湯を押し出す専用部分。プランジャースリーブと対になっている。単にチップと呼ぶ場合もある。
プランジャースリーブ 溶湯は円筒状をしたスリーブ内に供給され、チップで押し出されスリーブ内を通りキャビティに送り込まれる。単にスリーブと呼ぶ場合もある。
グースネック ホットチャンバーダイカストでメルティングポット内のスリーブから押し出された溶湯を立ち上がらせる配管。その形状からグースネックと呼ばれる。
ノ   ズ   ル ホットチャンバーダイカストでグースネックを通ってきた溶湯を金型キャビティーに連結し流し込むための配管。
メルティングポット ホットチャンバー用の溶解保持炉鍋で射出部と一体になっている。
溶   解   炉 溶解や保持の仕方により定義は異なるが、鋳鉄や黒鉛の炉鍋、または耐火レンガで組み上げた炉で溶解や保持を行う炉全般をいう。
る つ ぼ 炉 鋳鉄や黒鉛でできた鍋状の炉。原材料を補充すると溶湯品質が劣化する欠点もあるが、小型で経済的である。
連続溶解保持炉 耐火レンガと鋼材で溶解炉を組み上げ、溶解部屋と保持部屋を分け、材料補充による溶湯劣化を抑えながら溶解と保持が連続で行える炉。
集中溶解炉 専用の大型溶解炉で溶解し、フラックスにより清浄沈静化した溶湯をダイカストマシンの手元のるつぼ炉など保持炉に運搬して補充する溶解方式。
離  型  剤 溶湯が金型に焼き付くのを防止し、製品の型離れをよくするために使う溶剤。金型温度、製品品質に著しく影響し、金型には毎サイクルごとに塗布する。一般的に水溶性溶剤が用いられる。
プランジャー潤滑剤 スリーブとチップの摺動面に塗布する潤滑剤。水溶性、油性、粉体などがある。多すぎると潤滑剤そのものや、潤滑剤が燃焼したガスが製品に巻き込まれる原因になる。
フ ラ ッ ク ス 溶解炉の溶融金属から酸化物や好ましくない物質を脱ガスまたは除去するために使われる合成化合物の粉を呼ぶ名称。またはその行為。
ド   ロ   ス 溶融金属の酸化生成物。
鋳   ば   り パーティングラインまたは中子の合せ部分などに発生する余分に張り出した薄い金属膜(片)をいう。
フ ラ ッ シ ュ 鋳ばりのひどい現象。パーティングラインから鋳ばりが噴出す様子。
取り出し装置 金型から押し出された製品を取り出す装置全般をいう。直動式の空圧、油圧シリンダーを用いたものが一般。最近は電動サーボモーターで敏速かつ正確な取り出し装置も増えている。
ト リ ミ ン グ ダイカスト鋳物から、鋳ばり、湯道、オーバーフローなど余分な部分を取り除くために行われるプレス抜き工程をいう。
ショットブラスト 小さな金属球を遠心力や圧縮空気を利用してダイカスト鋳物に投射して、鋳ばりを除去する方法。または装置名称。
バ ン ド ソ ー 帯鋸(のこ)を使用して金属を切断する機械。