本文へジャンプ


ものづくり貢献サイト『金型ファン」に、松尾社長と冨士原常務のインタビューが掲載されました。
PDF(980KB)
ダイカスト用語@
■ダイカスト金型
溶    湯 溶解したダイカスト合金。単に"湯"と呼ぶ場合もある。
金    型 ダイカスト製品を作るための金属性の精密金型。一般に固定型と可動型で構成されており、二つを合せることでキャビティを作り出している。
キ ャ ビ テ ィ 金型の製品部分にあたる彫り込み面(空間)をいう。
パーティングライン 金型の固定型、可動型の合せ面(分割面)を指す。
固  定  型 ダイカストマシンの金型取り付け面(プラテン)に固定する金型。
可  動  型 型が開くときに動くプラテンに固定する金型。鋳物はこちら側の型に入っており、型開き後に押出装置によって金型から押し出される。
入子(いれこ) キャビティを直接金型に彫り込まず、ひとまわり小さな特殊な鋼材に彫り込み、母型(おもがた)にはめ込むことで交換が可能になる。一般的に金型はこの方式を採用している。
母型(おもがた) 入子をはめ込むためのベース金型。または直接彫り込んである金型。
中子(なかご) 鋳造後に製品を取り出す前に入子から引き抜かれる金型。主に鋳物に穴を明けた形状を作るときやアンダーカット形状を作るときに用いられる。
湯道(ゆみち) 鋳込み口から製品部までの湯が流れる通路。
湯口(ゆぐち) 湯道と製品部の境目にあたる湯のは入口で、その最小断面積部分をいう。ゲートと呼ばれることもある。
湯 溜 ま り 先走りの汚れた湯や、湯を引っ張り込みたい場合につける製品部分とは別の彫り込み。オーバーフローと呼ばれることもある。
ガ ス 抜 き 金型キャビティ内のガスを抜くために金型表面に彫り込まれた排気用通路。
チ ル ベ ン ト ガス抜きが小さいとガスが残り、大きいとフラッシュ(溶湯噴出)を起こし鋳造圧力を逃がすことになります。この弱点に対して、蛇腹形状にしたガス抜きをチルベントと呼ぶ。高い排気能力とフラッシュを防ぐことが可能。
金 型 温 度 一般的にキャビティの表面温度をいう。
冷  却  管 金型を冷却するために水を通す配管。または通路。
指 向 性 凝 固 キャビティに充填された溶湯が湯口より遠い箇所から凝固を開始して最後に湯口部分が凝固すること。湯口が先に凝固すると鋳造圧力が製品に伝わらないことになる。
多数個取り金型 1つの金型キャビティにおいて2つ以上の製品が取れる金型。
鋳 造 面 積 金型キャビティにおいて、製品、湯道、オーバーフローなどを含む鋳物部分の全投影面積をいう。
縮  み  代 金型に圧入された溶融金属は冷却されるにしたがい体質変化を起こし、一般的には収縮して金型より小さくなる。常温での金型の大きさと鋳物の大きさの差を縮み代(ちぢみしろ)という。
抜 け 勾 配 金型、中子、ピンなどから鋳物が容易に抜けるようにするために付けられた勾配。
アンダーカット 金型や中子などまっすぐに抜くことができない凹部孔形状をいう。
ボ     ス ダイカスト製品に作られた突起部分をいう。
鋳     肌 ダイカストしたままの鋳物の表面をいう。
歩  留  り 回収率とも呼ばれる。不良、目減り、欠損、焼き減りなどを全量から引いたものをいう。