本文へジャンプ
環境への取り組み


■工程内不良低減活動

不良低減によってムダな生産を減らすことで、エネルギーの節約、省資源、廃棄物低減ができます。また、品質至上は得意先様やユーザー様のリクエスト、即ち経営上のニーズでもあります。環境への取り組みを、社内で積極的に取り組んでいるTQM活動とISO14001をリンクさせることで、より効果的、情報の共有や管理手法の有効活用でシナジー効果(相乗)が発揮されています。

Point:TQM活動とISO14001を連携、経営ツールとして有効活用。



■廃棄物低減活動

ゴミは少ないほうが環境にも家計にも優しい。
生産活動(物流や事務業務を含む)によって廃棄物を発生させている事実は避けられません。私たちは事業者として、また地域住人の一人として、この「ゴミ」と上手に付き合っていく必要があります。

Point:ルールを守ることは「ゴミ出し」の鉄則。「出し方」に工夫をしています。
   (1)エコステーション(ゴミの分別、ゴミのリサイクル)
   (2)3R活動の推進(金属類、廃油、廃プラ、社内リユース活動)
   (3)アルミ溶湯フラックス処理灰、バリ、切粉 専用置場(屋外漏えい防止)
   (4)廃プラ専用コンテナ、木屑専用コンテナの設置
   (5)廃油・廃液回収タンクの設置

◎2013年度実績として、「燃えるゴミ」を前年度18%減達成。「金型修繕費用」を前年度-10%減達成。「社内リーユース成約件数※」26件成約。
※社内リユース活動とは、自部署で不要になった物を、他部署に斡旋リユースすることで廃棄物としない活動。



■省エネ活動

当社は大量エネルギー消費企業であることを真摯に受け止め、エネルギー使用の合理化に関する法律に沿って、定期報告書と計画書の提出ならびに、エネルギー削減活動を行っております。しかしながら、アルミニウムを溶解(保温)する行程は「電気」と「ガス」を大量に消費してしまいます。技術的、設備的に抜本的対策が難しい中、「エネルギーの節約」を目指し、様々な活動を展開しています。

Point:小さいことからコツコツと
   (1)溶解炉の保温
   (2)インバーター式コンプレッサーへ入れ替え・新規採用
   (3)工場屋根の遮熱対策「冷えルーフ」を採用
   (4)省エネ性の優れたダイカストマシン作動油の採用
   (5)フォークリフトをガソリン車からバッテリー式、LPG式へ入れ替え

◎2013年度実績として、「物流コスト」前年度-10%減を達成。



ISO14001を通して環境活動を継続発展させていきます。ご理解とご協力をよろしくお願い致します。