本文へジャンプ
真空ダイカスト
金型キャビティ(空間)に存在するガス(空気)を真空ポンプで吸引することで真空状態に減圧します。そこへ溶融アルミを射出充填がされると抵抗が少ないことで流動性が向上し湯回りが良くなります。
さらにガスを吸い出してしまうことで、巻き込み(巣)にも効果があります。

金型に瞬間的に充填される溶融アルミが真空吸い込み口を詰まらせることは、品質面や、生産性で問題です。だからといって、早めに吸い込みを止めては真空効果が低下してしまいます。
ギリギリまで真空引きを行うタイミングが重要で、応答性の速い真空バルブや、チルベントなどが用いられています。






もう一度 再生