本文へジャンプ
ホットチャンバーダイカスト/亜鉛ダイカスト
亜鉛は流動性が良く、薄肉で複雑な形状をしたダイカストが可能で、寸法精度の高い製品が作れます。仕上がりは滑らかで、メッキや塗装に向いています。

当社では亜鉛ダイカストを東芝機械のホットチャンバーダイカストマシンで生産しています。ホットチャンバーダイカストは射出部が溶融亜鉛の入ったポット(風呂桶のようなもの)に沈んでいるので、酸化しやすい溶湯亜鉛が空気に触れない、射出の際に空気を巻き込まない、破断チルの発生混入がない、という品質的メリットがあります。

また亜鉛は溶解保持温度(融点)が低いことやホットチャンバーダイカストは鋳造圧力が低いこともあり、金型に優しいこともメリットと言えます。

※現在、ホットチャンバー生産は行っておりません。

ホットチャンバーダイカストの様子